最近は、メスを用いない、切らないワキガ手術が注目されています。
電気による治療や、発汗予防の薬を使う治療法などです。汗を抑える液というのは、ボトックスと言う液体のことで、しわの治療にも使われるので、ご存知の人も多いのではないでしょうか。ワキの汗腺が集中している部分にボトックスを注射することによって、ワキガの源である汗を抑制します。しかし、ボトックスによる治療効果は、一定期間が経過すると元に戻ってしまいます。効果が切れたら、再度注射が必要です。インフォレーゼ法というワキガ治療は、特殊な溶液に浸したガーゼを脇の下に当てて電流を流します。
ワキガの原因となるアポクリン汗腺とエクリン汗腺を閉ざす効果があります。アポクリン汗腺に針を差し込み、通電することで細胞を破壊し、発汗を抑制するという治療法もあります。電気分解法と呼ばれるやり方で、高周波の電気を通します。電気分解法は汗腺口の一つ一つに高周波の電流を流す為、施術自体に長期間かかります。結構な痛みがあるという方法ですが、エステによっては麻酔ができないこともあります。
メスを入れずにできるようなワキガ治療法もいろいろあります。治療効果が持続する期間が短かったり、痛みがともったりと手軽な分一時的な効果しかない治療方法も多くあります。どんなワキガの治療法があるのか、効果期間や施術時間はどのくらいか、きちんと確認してください。



ワキを切るなんて想像するだけで痛そうなんですけど。。。


(C)切らないワキガの治療方法